量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

MinGWにパスを通してEclipseのC++プロジェクトをビルド可能にする。

スポンサーリンク

OSをアップグレードしたら、当然のごとくパスが初期化されてしまい、EclipseC++プロジェクトで以下のようなエラーが発生するようになりました。

  • Program "gcc" not found in PATH
  • Program "make" not found in PATH



以前使っていた MinGW をインストールし直して、以下のフォルダにパスを通すことにしました。



そして Eclipse を再起動してプロジェクトを再ビルドしたら、このエラーは解消しました。


2014/5/11 追記:
Eclipse をアップグレードしたら、こんなエラーが出るようになりました。

Program "g++" not found in PATH (C++ プロジェクト名) [Discovery Options] page in project properties C/C++ Problem
Program "gcc" not found in PATH (C++ プロジェクト名) [Discovery Options] page in project properties C/C++ Problem

どうやら「Automate discovery of paths and symbols」機能が非推奨になったことが原因のようです。


一応、こんな感じで解決できました。

  1. 「Window」→「Preferences」→「C/C++」を選ぶ。
    1. [C/C++] 「New C/C++ Project Wizard」→「Makefile Project」→「Discovery Options」を選び、以下の項目のチェックを外す。
      • Automate discovery of paths and symbols
    2. [C/C++] 「Property Pages Settings」を選び、以下の項目にチェックを点ける。
      • Display "Discovery Options" page
      • Display "Preprocessor Include Paths" page
  2. C/C++ プロジェクトのプロパティを開く。
    1. C/C++ Build」→「Discovery Options」を選び、以下の項目のチェックを外す。
      • Automate discovery of paths and symbols
    2. C/C++ General」→「Preprocessor Include Paths, Macros etc.」→「Entries」→「GNU C++」→「CDT User Setting Entries」を選んで、「Add」ボタンを押し、gcc.exe ファイルがあるフォルダのパスを追加する。



但し C/C++ に関しては限りなく初心者に近いので、本当にこれで良いのか分かりません。


関連記事:
rms-099.hatenablog.jp
rms-099.hatenablog.jp