量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Javaアプリの接続タイムアウトと読み取りタイムアウトについて。

スポンサーリンク

Java の技術文書を読むと、Java アプリケーションがネットワークに接続する時やファイルを読み込む時のタイムアウトは、デフォルトで"-1"(無制限?)になっているようです。

sun.net.client.defaultConnectTimeout (デフォルト: -1)
sun.net.client.defaultReadTimeout (デフォルト: -1)



でも、そもそも接続できない・読み取れないものを待っても時間の無駄なので、Java アプリケーションの起動引数に追加してみるのも良いんじゃないかと思っています。
もしくは、接続タイムアウトや読み取りタイムアウトのテストをしたい時に、これらの引数に極端に小さい値を設定してみるとか。


ちなみに自分は Eclipse の設定ファイル eclipse.ini に以下の2行を追加していますが*1、例えば Eclipse Marketplace の表示が速くなったりとか未だ変化は感じていないので、あまり意味のないオプションかもしれません。

$nbsp;-Dsun.net.client.defaultConnectTimeout=1
$nbsp;-Dsun.net.client.defaultReadTimeout=1


*1:タイムアウトはいずれも1ミリ秒