量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Inf2Cat.exe を使ってドライバのカタログ(*.cat)ファイルを作成する。

スポンサーリンク

NVIDIAインストーラを実行すると、以下の様な形式のフォルダにディスプレイドライバ関連のファイルが解凍される。

C:\NVIDIA\DisplayDriver\{Driver Version}\{OS Name}\International\Display.Driver



自分がインストールしたバージョンは 332.21 だったので、こんなフォルダができた。

C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver



このフォルダの中には、元々、nv_disp.cat という名前のカタログファイルがある(はず)。


しかし、ドライバの設定ファイルを書き換えてからインストールしたい場合、このカタログファイルを作り直さなければならない。


ドライバのカタログファイルは Windows Driver Kit (WDK) にある Inf2Cat.exe というツールを使って作成できる。



WDK は、自分の環境だと以下のフォルダにインストールされた。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\bin\x86



よって、Inf2Cat.exe はコマンドプロンプトから以下のように実行した。

cd "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\bin\x86"
Inf2Cat.exe /driver:"C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver" /os:8_X64 /v



以下、実行時のコンソールログの一部:


Processing directory (C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver\) file (dbinstaller.exe)
 :
Parsing INF: C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver\nvaan.inf
 :
Finished parsing INFs
Processing INF: C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver\nvaan.inf
 :
Finished processing INFs
Testing driver package...
 :
Signability test complete.

Errors:
None

Warnings:
None

Catalog generation complete.
C:\NVIDIA\DisplayDriver\332.21\Win8_WinVista_Win7_64\International\Display.Driver\nv_disp.cat



自分のPCだと、コマンドの実行が完了するのに6分ぐらいかかった。