量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Redmine のインストール概要。

スポンサーリンク

以前、やったこと:

Redmine Cloud Hosting, Redmine Hosting - Installers and VM にある「BitNami Redmine Stack」というインストーラを使ってインストールしたけど、DB(MySQL) の文字化けを解決できず、結局、アンインストールした。


今回の前提条件:



バージョン:

Redmine-1.0.1 は、Ruby-1.8.7 上でしか正常に動作しないみたいで、rack や rails も含め、少しでもバージョンが異なると、エラーログを吐きまくって使い物にならない。


ダウンロードしたもの:



インストールの大まかな流れ:

  1. Ruby-1.8.7 をインストール。
  2. rubygems をアップデート。
  3. rails-2.3.5 をインストール。
  4. mysql-2.8.1 をインストール。
  5. MySQL ライブラリをインストール。
  6. MySQLRedmine 用のデータベースおよびユーザーを作成。
  7. Redmine-1.0.1 をインストール。
  8. RedmineMySQL への接続定義を作成・編集。
  9. Redmine で使用するセッション暗号化用の秘密鍵を生成。
  10. Redmine 用に MySQL を初期化。



(・・・続きは後で書く。)

*1:インストールした MySQLx64 用だったので。