量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

アクセス拒否されてしまうフォルダを削除する。

スポンサーリンク

フォルダを削除しようとすると、こんなエラーが出ることがあります。

この操作を実行するにはアクセス許可が必要です。
このフォルダを変更するには、{ユーザー名}からアクセス許可を得る必要があります。



これは以下の2つのコマンドを実行すれば、削除できるようになると思います。*1

takeown /r /f "{フォルダ名}\*"
cacls "{フォルダ名}\*" /t /g administrators:f

takeown コマンドは管理者をファイルの所有者にするコマンドで、cacls コマンドはファイルに対するアクセス制御リスト(ACL)を変更するコマンドです。


例えば、カレントディレクトリ配下のフォルダ・ファイルのアクセス許可を変更したい場合、こんな感じでできます。

takeown /r /f "*"
cacls "*" /t /g administrators:f



ちなみに私は外付けHDDドライブ直下で上記のコマンドを実行したら、実行後にこんなエラーメッセージが頻繁に表示されるようになりました。。。

~のごみ箱が壊れています。このドライブのごみ箱を空にしますか?

明らかに上記のコマンドでゴミ箱フォルダ「$RECYCLE.BIN」の属性を変更してしまったことが原因ですね。。。
でも「$RECYCLE.BIN」フォルダの名前を適当に変更したら、Windows が勝手に新しい「$RECYCLE.BIN」フォルダを作ってくれて、問題は直ぐに解決しました。


何はともあれ、Windows が管理しているファイルやフォルダに対して上記のコマンドを実行するのは気を付けた方が良いです。


参考資料:

*1:管理者権限が必要です。