量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

makecert.exe を使って自己署名証明書(*.cer)ファイルを作成する。

スポンサーリンク

makecert.exe は Windows SDK をインストールすると付いて来る。
自分は Windows SDK for Windows 8.1 をインストールしたので、こんな感じで自己署名証明書ファイルを作成した。

cd "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\bin\x64"
makecert.exe -r -pe -ss MY -n CN=MyPrivateCert C:\Temp\MyPrivate.cer



オプションの意味は以下の通り。

  • -r ⇒ 自己署名証明書を作成する。
  • -pe ⇒ 生成された秘密鍵をエクスポート可能と見なす。
  • -ss ⇒ 出力された証明書を格納する、サブジェクト*1の証明書ストア名を指定する。
  • -n ⇒ 証明書のサブジェクト名を指定する。この名前は X.500 標準*2に準拠する必要がある。



参考資料:


*1:証明書に関連する秘密鍵の保持者

*2:例: CN=Fred Dews