量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

M2TS 動画を結合する。

スポンサーリンク

デジタルビデオカメラで撮った動画を SD カード経由で PC に取り込んだら、ファイル形式が M2TS となっていた。
M2TS というのは初めて知ったけど、ハイビジョン動画のファイル形式らしい。

しかし、このファイルの結合に手こずった。

Movie Maker

まず、Microsoft のビデオ編集ソフトである Movie Maker を使ってみた。
以下のページから Windows 8 用の Windows Essentials 12 のインストーラーをダウンロードして実行し、、

オプションで Movie Maker を選択してインストールしたものの、起動してみたら以下のようなエラーメッセージが表示された。

ムービーメーカーを起動できません。
ビデオカードが最小要件を満たしていることを確認し、ドライバーを更新してから、もう一度やり直してください。



システム要件を見ると…、あれ?、Windows 7 用となっている。。

Windows 8 用をダウンロードしたはずなのに。。


念のため、以下の Movie Maker の実行ファイルを互換モードで実行してみたけど、、

Windows 7Windows VistaWindows XP、いずれのモードも全て駄目だった。


原因は未だ不明だが、Windows 7 でも↓のような問題が起きていたようなので、Windows 8 でも同様の問題が起きるのかもしれない。

Virtual Dub

次に、昔使ったことがある Virtual Dub を試してみた。

Web サイトはこちら。

しかし、こちらは M2TS をサポートしていなくて結合できなかった。
プラグインを入れれば読み込めるようになるかもしれないけど、色々と面倒臭そうなので諦めた。

tsMurexR

最後に tsMurexR というソフトを試してみた。
結論を言うと、このソフトのおかげで解決した。


インストールと使い方はこちらのページに載っている。



流れ的にはこんな感じ。

  1. 以下のサイトから tsMurexR のアーカイブファイル(*.zip)をダウンロードする。
  2. アーカイブファイルを解凍して、tsMuxerGUI.exe を実行する。⇒【tsMurexR GUI】が起動する。
  3. 【tsMurexR GUI】「add」ボタンを押して、先頭の動画を選択する。
  4. 【tsMurexR GUI】「join」ボタンを押して、2番目以降の動画を選択する。
  5. 【tsMurexR GUI】「Output」欄にある「M2TS muxing」ラジオボタンを選択する。
  6. 【tsMurexR GUI】「Start muxing」ボタンを押して、動画を結合する。



驚いたのは、動画の結合が高速であること。
昔使っていた Virtual Dub だと、かなり時間がかかった記憶がある。
まだ使い始めたばっかりだけど、凄いソフトかもしれない。


2013/5/6 追記:
よくよく思い出してみると、昔、Virtual Dub を使っていた頃のディスクは HDD だったけど、今はもう SSD だし、、

おまけに、もし動画の結合が RAM Disk 上で行われているならば、別に tsMurexR じゃなくても高速結合できるかも。