量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Eclipse に Spring Tool Suite (STS) フィーチャーをインストールする。

スポンサーリンク

EclipseSTS フィーチャーをインストールする手順を書き残しておく。

  1. 「Help」→「Eclipse Marketplace」を選択して【Eclipse Marketplace】ダイアログを開く。
  2. [Eclipse Marketplace] 「Search」タブの「Find」テキストボックスに"STS"と入力して検索する。
    • "Spring Tool Suite (STS) for Eclipse 〜"という名前のフィーチャーがいくつか表示されるはず。
  3. [Eclipse Marketplace] Eclipse のバージョンに合う STS フィーチャーを選んで、「Install」ボタンを押す。
    • 今回は"Spring Tool Suite (STS) for Eclipse Juno (3.8 + 4.2)"を選んだ。
  4. [Confirm Selected Features] フィーチャー配下のプラグインの一覧表示が完了したら、「Next」ボタンを押す。
  5. [Review Licenses] "I accept the terms of the license agreements"を選択して、「Finish」ボタンを押す。
  6. 再起動を促すダイアログが表示されたら、「Yes」ボタンを押す。インストール完了。



ちなみに、Eclipse Marketplace は初めて利用したけど、意外と便利だと思った。
いつも「Help」→「Install New Software」でプラグインをインストールしていたし、当初、何でこんな類似機能が追加されたのか、意味を理解できなかった。
けれども一方で、STS のようにプラグイン複数ある場合、「Install New Software」だと、どれを選択すれば良いのか迷うことが多かった。
しかし、Eclipse Marketplace ならフィーチャー配下のプラグインを一括でインストールできるので、プラグインのインストール漏れがなくなる。
今更ながら、この機能の価値に気づきました。


関連記事: