量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

BitLocker を有効にしてドライブ全体を暗号化する。(Windows 8)

スポンサーリンク

OS が Windows Vista だった頃、BitLocker を使用していたので、Windows 8 でも利用することにしました。


BitLocker の有効化は、Microsoft 公式サイトに書かれている通りにやればできます。



今回は、オペレーティングシステムドライブ(OSがインストールされたドライブ、即ち、Cドライブ)をロックすることにしました。

(一部加筆)

  1. 検索チャームを使って、「BitLocker ドライブ暗号化」を検索して開きます。
  2. [オペレーティング システム ドライブ] で、ドライブ情報を展開し、[BitLocker をオンにする] をタップまたはクリックします。
    (中略)[スタートアップ時にドライブのロックを解除する方法を選択する] 画面が表示されるまで指示に従って進みます。
    • 私の PC では、[スタートアップ時にドライブのロックを解除する方法を選択する] 画面は表示されなかった。
  3. ドライブのロックを解除する方法を選択し、[回復キーのバックアップ方法を指定してください] 画面が表示されるまで指示に従って進みます。
  4. 回復キーのバックアップ方法を選択し、[次へ] をタップまたはクリックします。
    • この回復キーの保管は重要。回復キーが分からないと、Windows の起動やデータへのアクセスがほぼ不可能になる。
  5. ドライブを暗号化する範囲を選択し、[次へ] をタップまたはクリックします。
    • 今回は「ドライブ全体を暗号化する」を選択した。
  6. 暗号化キーと回復キーの両方を PC で読み取れることを確認する場合は、[BitLocker システム チェックを実行する] チェック ボックスをオンにし、[続行] をタップまたはクリックします。

この一連の手順を実行すると、PC の再起動を求められ、再起動後に BitLocker の暗号化が始まります。
今回、Cドライブ全体を暗号化することにしたので、処理が完了するまで1時間以上かかりました。


以上で BitLocker の有効化は完了したが、Windows Vista を使っていた頃と同様に、PC の起動時に PIN を入力するようにもしたかったので、その手順を次に書いておきます。


後の記事:

関連記事: