量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Windows Vista の休止状態ファイルクリーナを削除する。

スポンサーリンク

ディスクのクリーンナップをしようとしたら、「休止状態ファイルクリーナ」というものが数GBを占めていることに気付いた。


何これ?と思って調べてみると、どうも Windows XP における休止状態用のファイル hiberfil.sys っぽい。



Windows XP では電源オプションで休止状態の ON/OFF を切り替えることができたが、Windows Vista には切り替え用の項目が GUI 上に用意されていないようだ。(今更ながら気付いた。。)



ディスクのクリーンナップで「休止状態ファイルクリーナ」を削除してしまうと、休止状態は自動的に OFF になるらしい。
休止状態を ON に戻したければ、以下のように powercfg コマンドを打つ必要がある。*1

powercfg /hibernate on



何か分かりづらい。。


*1:コマンドプロンプトを「管理者として実行」しないと、powercfg コマンドは打てない。