量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Gmailの2段階認証プロセスを有効にする。

スポンサーリンク

2段階認証プロセスを有効にする手順を記しておきます。

  1. (PC) http://accounts.google.com/SmsAuthConfig にアクセスする。
  2. (PC) 【パスワードと端末で受け取ったコードを入力してログインします】「設定を開始」をクリックする。
  3. (PC) 【携帯端末を設定する】「携帯電話のメールアドレス」テキストボックスに、自分の携帯電話のメールアドレスを入力する。→「テキストメッセージ (SMS)」を選択する。→「コードを送信」をクリックする。
  4. (携帯端末) 「確認コード」を受信する。
  5. (PC) 【携帯端末を確認する】「確認コード」テキストボックスに、上述の「確認コード」を入力する。→「確認」をクリックする。
  6. (PC) 【このパソコンを信頼しますか?】「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」チェックを点ける。→「次へ」をクリックする。
  7. (PC) 【確認】「確認」をクリックする。



既に Android 端末で Gmail を利用している場合、Android 端末の画面上部のステータスバーに Gmail アクセスエラーを表す通知アイコンが表示されると思います。
この問題を解消するために「アプリケーション固有のパスワード」を作成する必要があります。
以下、その手順です。

  1. (PC) https://accounts.google.com/IssuedAuthSubTokens にアクセスする。
  2. (PC) 「名前」テキストボックスに適当な文字を入力する。→「パスワードを生成」ボタンを押す。⇒「アプリケーション固有のパスワード」が自動生成・表示される。
  3. (Android 端末) ステータスバーを下にドラッグして、Gmail のアクセスエラーを表す通知の詳細をクリックする。
  4. (Android 端末) 「アカウント名」と「パスワード」を入力して「ログイン」する。その際、「パスワード」に入力するのは、Gmail のパスワードではなく、上で作成した「アプリケーション固有のパスワード」である。
  5. (PC) Android 端末で Gmail のログインに成功したら、「完了」ボタンを押す。



2013/1/11 追記:
http://accounts.google.com/SmsAuthConfig にて、バックアップ用の電話番号を追加することと、印刷用バックアップコードを印刷・保管しておくことを推奨します。


参考資料:



関連記事: