量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Eclipse プロジェクトから pom.xml を自動生成するプラグイン proma-c-plugin を試す。

スポンサーリンク

5年以上、Maven から離れていたので、最近はどんな便利なプラグインがあるのか全く分かっていませんけど、
Eclipse のプロジェクトのファイル構成に合わせて pom.xml を作ろうとした時、
昔は、いちいち下記のようなコマンドを入力して、生成された空っぽに近い pom.xml を編集していました。

mvn archetype:create -DgroupId=com.jgoodies -DartifactId=jgoodies-looks



しかし、やっぱり Eclipse のプロジェクトから pom.xml を自動生成するプラグインが欲しいなぁと思って検索したら、こんなプラグインがありました。



早速、インストールして使ってみたところ、簡単に pom.xml を生成できちゃいます。
ここまでは良かった。
けれども、現時点(2012/1/6)のバージョンでは、出来上がった pom.xml を多少手直ししないと、
mvn install しても、jar を正しい形でローカルリポジトリに配置することはできないようです。
自分の場合、以下の修正を加えて、何とか mvn install が正常に動作するようになりました。

  • groupId、artifactId、version を修正する。(mvn install する時、jar を配置するローカルリポジトリのパスが変になる。)
  • dependency を修正する。(groupId と artifactId のペアがユニークでなかったりする。あと、systemPath に ${basedir} が含まれていると、一部のゴールが失敗する。)
  • outputDirectory、testOutputDirectory、testSourceDirectory を修正する。(Eclipse プロジェクトと合っていない。)
  • reporting をごっそり削除する。



すんなり行きませんけど、昔に比べたら便利なプラグインが出てきたなと思います。


参考資料:



2012/12/1 追記:
上述のプラグインを使わなくても、m2eclipse プラグインをインストールすれば、

  • 対象のプロジェクトを右クリック→「Configure」→「Convert to Maven Project」

で簡単に pom.xml を作成できることが分かりました。


…っていうか、見落としていた。。