量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

英語の学習方法について悩んでみた。

スポンサーリンク

英語を学習するモチベーションは湧かないけど、2008年9月のリーマンショック以降、不景気が長引いていて、
今後も続きそうな気配なので、国内だけでなく海外でも仕事をするためには、やはり英語の学習は避けて通れない。


しかし、中学・高校・予備校時代に散々英語を勉強したはずなのに、日常生活で使えるレベルにすら到達していないのは、本人に問題があるからなんだろうか?
それとも日本の英語教育システムが駄目なんだろうか?


まぁ、そういう議論は専門家に任せて、個人的には何とか仕事で使えるレベルにしておかなければならない。
幸い、色々な人が英語学習の事例を公開してくれているので、それらを参考にさせていただくと同時に、自分に合うか合わないかを少し考えてみる。

問題1: 英語の勉強に割く時間が無くて続かない
(中略)
また、英語を勉強する事自体が目的になってしまっているパターンも多くあります。
「あなたはなぜ、英語を勉強したいのですか?」
そう質問されたときに、答えられる目的が無いことがこの問題を生んでいます。

⇒振り返ってみると、今まで何度も英語を使えるようになりたいとは思ってはいたものの、リーマンショック前まで、ITエンジニアは売り手市場だったし、わざわざ日本を飛び出す必要性はなかったこともあり、明確な目的意識は欠けていた。

問題2: 英語の勉強にはお金がかかる
(中略)
また、高いお金を払って買う教材なのだから、楽して短時間でマスターできるのでは無いかという期待も生まれてしまいます。しかし21世紀になっても、まだそんな劇薬は存在しません。そし存在すれば、世界中で爆発的に売れているはずです。
(後略)

⇒数年前、英会話教室に通ったことがあったけど、高い教材を買った後、先生1名+生徒2〜10名で1グループを形成して、教材のページ順に教わった。
けれども、教材が優れているようには感じなかったし、そもそも性格的にフレンドリーな方ではなく、グループ学習で先生や他の生徒さん達と何気ない会話をするのが苦手だったので、教室に通うことがストレスになり始め、数ヶ月後には通わなくなってしまった。

問題3: 英語の上達を実感できない
(中略)
英語は、言葉は、マスターしないと使えないものではありません。マスターすることが目的でもありません。トライアンドエラーを繰り返しながら上達を実感できる方法を実践することが大切です。

⇒この意見には少し違和感を覚える。
過去に何回かネイティブと会話する機会はあったけど、簡単な単語すら話せない時、助け舟を出してくれる人は稀で、大抵はこっちが言葉を発するのを待っている。
そして文脈に合わない単語を発しようものなら、"What!?"などと怪訝な表情をする人が大半で、お互いにストレスが溜まり、お互いに会話を続けようとする気が起きなくなる。
トライ&エラーするための前提条件や背景があれば知りたい。

問題1: 英語の勉強に割く時間が無くて続かない事への対策

  • 情報のインプットを英語でしかやらないようにした
  • 情報のアウトプットも英語を最優先で行うようにした
  • 社内の共通語を英語に切り替えた

⇒失礼を承知で言うと、特に上2つは当たり前過ぎる対策にしか見えない。
ただし、ブログよりもTwitterの方が敷居が低くて良いという意見はなるほど!と思った。

問題2: 英語の勉強にはお金がかかる事への対策
(中略)
お金をかけずに英語の勉強と聞いて思いつくもう一つの方法に、Skype を使った英会話の練習があります。
(中略)
英語の勉強において大切なのは、恥をかく事だと思っています。失敗をして、恥ずかしい思いをして、伝わらなくて悔しくて、そしてその思いを糧に前進する事が出来れば、必ず身につきます。そのための場として、Skype は良い環境です。
(後略)

⇒これも失礼を承知で言えば、相手を無視した前向きな意見にしか聞こえない。

問題3: 英語の上達を実感できない事への対策
(中略)
英語ができるようになるまでには、最低2年は必要です。
(中略)

⇒最低2年!?…生半可な目的意識ではモチベーションは続かないだろうな。

(前略)
これを日本にいて8年くらいやった結果、ある日アメリカ人しかいない職場に放り込まれても一応Managerとして機能する程度の英語力はなんとか身についた。
(中略)
自分はPMなのでここにはもうしばらく投資をし続けるつもりです。

⇒この方は8年とか仰っているよ。。
マネージャーという立場上、英語の学習は避けて通れないだろうし、周囲の人との会話の中で微妙なニュアンスも拾って、時には笑いも取れるぐらいになる必要があるだろうから、相当勉強されたんだろうな。
色々と試行錯誤されてきたようで、文法・Listening・Writing・Reading・Speaking・発音・単語ごとに、参考になりそうなサイトを紹介してくださっている。有り難い。
英語の必要性には少しずつ迫られているので、後はやはりモチベーションをどうやって継続させるかだなぁ。