量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

First_Value 関数と Last_Value 関数。

スポンサーリンク

初めて使った。
並べ替えた後のレコード群から m 件から n 件までのレコードを取得するために、副問い合わせの中で使った。
以下、Oracle のページから引用:


select
ID,
SortKey,
First_Value(Val) over(partition by ID order by SortKey) as FirVal,
Val,
Last_Value(Val) over(partition by ID order by SortKey Rows between Unbounded Preceding and Unbounded Following) as LastVal
from FirstLastSample;

"partition by"は省略可能である。
"Rows between Unbounded Preceding and Unbounded Following"という一見おまじないのようなコードを入れないと余り意味がない結果になる。


参考資料: