量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

特定のプログラムだけ UAC を無効にする方法。

スポンサーリンク

以下の記事のおかげで解決した。

手順を和訳しておく。*1

  1. Microsoft Application Compatibility Toolkit をダウンロードしてインストールする。
  2. Compatibility Administrator のショートカットアイコンを右クリックして、「管理者として実行」する。【Compatibility Administrator】画面が表示される。
  3. 【Compatibility Administrator】左側のペインにある"Custom Databases"ノード上で右クリックして、"New"メニューをクリックする。"Custom Databases"ノードの配下にできた子ノードを選択して、ペインの上にある"Fix"ボタンを押す。
  4. UAC を無効にしたいアプリケーションの名前とベンダー名とアプリケーションのファイルパスを入力して、「次へ」をクリックする。
  5. 【Compatibility Fixes】に移るまで「次へ」をクリックする。
  6. 【Compatibility Fixes】"RunAsInvoker"をクリックする。
  7. 「次へ」をクリックして「完了」。
  8. "File"→"Save As"をクリックする。ファイル名を"app.sdb"*2として、任意のディレクトリにファイルを保存する。
  9. 「スタート」メニューの中にある「コマンドプロンプト」を探して右クリックして「管理者として実行」する。
  10. コマンドプロンプト】以下のようなコマンドを実行する。
    1. sdbinst (先程保存したファイル(app.sdb)のファイルパス)
  11. Where is the location where you have saved the app.sdb file. For example, if you saved the .SDB file as app.sdb in the c:\Windows folder, the command should be like this:
    1. sdbinst c:\windows\app.sdb
  12. 「app のインストールが完了しました。」のメッセージが表示されるはず。
  13. Voila! You’re done, Vista will no longer prompt you with the UAC everytime you open your favorite app.



Microsoft Application Compatibility Toolkit の日本語版は古いな。

日本語化が面倒なのかな?*3



*1:面倒なので一部だけ。しかも、かなり意訳している。

*2:ファイル名は任意。

*3:気持ちは分かる。