量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

ThunderbirdにGoogleカレンダーを表示する。

スポンサーリンク

Thunderbird にアドオンをインストールすれば、Google Calendar との連携も可能になります。
必要なアドオンは以下の2つです。



1つ目の「Lightning」をインストールして Thunderbird を再起動すると、メインメニューに「予定とToDo」が表示されるようになります。



「予定とToDo」メニューをクリックすると、ドロップダウンリストが表示されます。



上図のドロップダウンリストで「カレンダー」メニューを選択すると、新たに「カレンダー」タブが表示されます。



「カレンダー」タブの左側のペインで右クリックするとコンテキストメニューが表示されるので、「新しいカレンダー」を選択します。



【新しいカレンダー】ウィザードの「ネットワークのサーバに保存する」を選択して、「次へ」ボタンを押します。



Google カレンダー」*1を選択して、「次へ」ボタンを押します。



Gmail のメールアドレスを入力して、「次へ」ボタンを押します。



Gmail のメールアドレスを入力して、「次へ」ボタンを押します。



Gmail のパスワードを入力して、「ログイン」ボタンを押します。



この時、Cookie を保存できるようになっていないと、「ブラウザの Cookie が無効になっているようです。Cookie を有効にするか、新しいブラウザウィンドウを開いてください。」というエラーメッセージが表示されます。



上図のエラーメッセージが表示されてしまった場合、一旦、ウィザードを閉じて、Thunderbird のメインメニューの「ツール」→「オプション」で【オプション】ダイアログを開き、ダイアログの「プライバシー」タブにある「サイトから送られてきた Cookie を保存する」にチェックを入れて、「OK」ボタンを押します。



ログイン認証に成功すると、2段階認証プロセスが有効になっている場合、確認コードの入力を求められるので、Google 認証システムアプリで表示された確認コードを入力して、「完了」ボタンを押します。



全ての認証に成功すると、「Provider for Google Calendar が次の許可をリクエストしています」というメッセージが表示されるので、内容を確認した後、「許可」ボタンを押します。



「購読するカレンダーと ToDo リストを選択してください。」というメッセージが表示されるので、必要な項目をチェックして、「次へ」ボタンを押します。



「完了」ボタンを押すと、ウィザードが終わります。



Thunderbird の「カレンダー」タブに戻ると、左側のペインに Gmail のメールアドレスが表示されているはずです。
予定を追加したい場合、中央のペインのカレンダー上で右クリックして、表示されたコンテキストメニューで「新しい予定」を選択します。



表示された【予定作成】ダイアログの「カレンダー」コンボボックスに Gmail のメールアドレスが表示されていることを確認して、各項目を入力した後、最後に「保存して閉じる」をクリックすれば、Google Calendar に予定が追加されます。



Google CalendarXML アドレスを取得する方法:

  1. https://www.google.com/calendar/ にアクセス。
  2. 右上の「Settings」→「Calendar Settings」→「Calendars」→【カレンダーの一覧】が表示される。
  3. 【カレンダーの一覧】該当するカレンダーを選択→【カレンダーの詳細】が表示される。
  4. 【カレンダーの詳細】「Calendar Address」欄にある「XML」ボタンを押す→XML アドレスが表示される。




参考記事:



関連記事:
rms-099.hatenablog.jp

*1:「Provider for Google Calendar」が正しくインストールされていないと、この選択肢は表示されません。