量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Service Pack 3 のインストール。

スポンサーリンク

最初、この日記の下書きを書いてから日にちが経つので、記憶が曖昧になってるが、Windows Update で SP3 に更新しようとしたらエラーダイアログが出て、何度も更新作業を繰り返す羽目になった嫌な記憶だけは残ってる。


まず、シンプルなメッセージしか表示されていないエラーダイアログだけ出て何が原因なのか分かりづらかったので、詳細なログを出力できるようにした。

1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
2. 以下のレジストリ サブキーで LogLevel を見つけてダブルクリックします。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup
3. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、[表記] の [16 進] をクリックします。
4. [値のデータ] ボックスに 0000FFFF と入力します。
5. [OK] をクリックします。



その結果、いくつかのレジストリエントリの更新権限がないことが分かった。

#E008 レジストリ値 HKCR\.wdp を設定しています
#E033 エラー 5: アクセスが拒否されました。
 :
#E008 レジストリ値 HKCR\wdpfile を設定しています
#E033 エラー 5: アクセスが拒否されました。

上記の URL にも書かれている通り、問題となっている各レジストリエントリにアクセス許可を与える解決方法もあったが、エントリの数が多すぎて面倒なので、一気にアクセス許可を与える方法を模索した。


結果的に SP3 のリリースノートから解決策が辿れました。



無難に(?)方法3で試して上手く行きますた。




おまけ:
上に挙げた Microsoft のサポートページは FireFox で開くと英語版のページが表示されるが、IE で開くと、一瞬、英語版のページが表示されかけて日本語版のページに移動するようになってます。
MicrosoftIE しかサポートしてませんよ、という意味なのか(笑)。