量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

OSの種類およびバージョン毎のテスト方法。

スポンサーリンク

(3)および(4)のテスト方法は大体決まっている。

  1. 各 OS 用のマシンを実際に用意する。
  2. デュアル・ブート設定にする。
  3. 仮想化する。

この内、#1は開発費がかかるので、非現実的な方法である。
#2は1台のマシンに複数の OS を入れたり、LiveDistro を CD/USB に保存して起動することで実現できるが、OS 間の切替に時間がかかる。
#3は下記の OS 仮想化ソフトウェアを使用すれば可能である。

下2つは Mac 用の仮想化ソフトウェアである。