量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

MSysGit をインストールする。

MSysGit のインストール手順を記載しておきます。

  1. MSysGit の Full Installer をダウンロードする。
    • Google Project Hosting
    • 今回ダウンロードしたファイル … msysGit-fullinstall-1.8.1.2-preview20130201.exe
    • Net Installer の方でインストールしてしまうと、不完全な形でインストールされてしまう。
  2. MSysGit をインストールする。
    • インストーラーのウィザードの指示に従っていれば、以下のフォルダにインストールされる。
    • C:\msysgit\msysgit

MSysGit のインストールが終わると、MSYS のコンソールが表示されて、以下のようなメッセージが表示されるはず。


Welcome to msysGit

Run 'git help git' to display the help index.
Run 'git help ' to display help for specific commands.
Run '/share/msysGit/add-shortcut.tcl' to add a shortcut to msysGit.

It appears that you installed msysGit using the full installer.
To set up the Git repositories, please run /share/msysGit/initialize.sh

/share/msysGit/initialize.sh は msysGit を最新版に更新するためのものらしいので、実行しておいた方が良いです。
ただし、プロキシサーバーを使ってインターネット接続している場合、以下のように git config コマンドを実行して、Git クライアントにプロキシサーバーを認識させておく必要があります。

git config --global http.proxy http://{Proxy User}:{Proxy Password}@{Proxy Host}:{Proxy Port}

ユーザー名とパスワードが必要ない場合の形式はこうなります。

git config --global http.proxy http://{Proxy Host}:{Proxy Port}

ちなみに、MSysGit を Net Installer 版でインストールしてしまうと、インストールが不完全な状態で終了してしまうので、おそらくアンインストールする羽目になります。

以下の記事によれば、MSysGit は環境変数レジストリを全く変更していないようなので、アンインストールしたい場合、インストールフォルダを削除するだけで良いらしいと思っていましたが、、、

環境変数 PATH にもインストールフォルダのパスが追加されているので、こちらも削除しておいた方が良いです。


関連記事:
rms-099.hatenablog.jp

libevent をインストールする。

memcached のビルドは、前述した MSYS のコンソール上で行う。
もし閉じてしまった場合は、以下のバッチファイルを実行すれば再表示されるはず。

  • C:\msysgit\msysgit\msys.bat



ただし、memcached をビルドする前に libevent をインストールしておく必要がある。


libevent のインストール手順は以下の通り。

  1. libevent をダウンロードする。*1
    • libevent
    • 今回ダウンロードしたファイル … libevent-2.0.21-stable.tar.gz
  2. ダウンロードしたファイルを MSYS の /tmp ディレクトリにコピーする。
    • /tmp ディレクトリの正式なパスは mount コマンドを実行すれば分かるはず。
  3. MSYS コンソールで以下のコマンドを実行する。

$ cd /tmp
$ tar xfz libevent-2.0.21-stable.tar.gz
$ cd libevent-2.0.21-stable
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make all
$ make install



これで libevent のインストールは完了。


*1:MSysGit には wget はないっぽい。

memcached をインストールする。

libevent のインストールが済んだら、いよいよ memcached がインストール可能になる。
例えば、/c/opt の下にインストールしたい場合、MSYS コンソールで以下のように実行すれば良い。

$ cd /c/opt
$ git clone --branch engine-pu https://github.com/memcached/memcached.git
$ cd memcached/
$ make -f win32/Makefile.mingw



コマンドを見れば分かる通り、今回は engine-pu というブランチをチェックアウトした。
ビルドが成功すると、memcached.exe というファイルが出来上がる。


memcached を Windows 上で動かす。

memcachedWindows 上で動かせるようになるまで幾つかハマったので、メモを残しておく。


必要な作業:

  1. MSysGit をインストールする。
    • Cygwin も選択肢の一つだったけど、最低限の機能だけあれば良いので、MinGW(MSYS) を選んだ。
    • かつ、MSYS に Git も付いている MSysGit をインストールした。
  2. libevent をインストールする。
    • memcached を動かすためには libevent も必要である。
  3. memcached をインストールする。
    • 以前は Windows 用のインストールバイナリがあったようだけど、今は見つからないので、自分の PC でビルドしてインストールするしかない。
  4. memcached を起動する。
    • おそらくパスの問題だと思うが、MSYS 上で動かす。

関連記事:


memcached を起動する。

起動自体は簡単で、MSYS コンソールで以下のコマンドを実行すれば良い。

$ memcached.exe -E ./.libs/default_engine.so



コマンドプロンプト上で動かしたい場合はこうなる。

> memcached.exe -E .libs\default_engine.so



memcached がリスンするデフォルトのポートは 11211 なので、他のポートにしたい場合、-p オプションを使う。

$ memcached.exe -p {Port} -E ./.libs/default_engine.so



コンソールにログを出力したい場合、-vv オプションを付ける。

$ memcached.exe -vv -E ./.libs/default_engine.so



memcached への接続は telnet の stats コマンドで確認できる。

telnet {Host} {Port}
telnet> stats



2013/4/7 追記:
MSYS 上で memcached を起動すると、MSYS 自体のプロセスが何故か2つも起動して、それぞれ意外とメモリを喰っている。
なのでメモリに余裕がない場合、コマンドプロンプト上で起動した方が良いと思う。

参考資料: