量産メモ帳

忘れっぽいのでメモを残しています。

Windows Vista 上の VMware Player に Ubuntu (12.10) をインストールする。

CentOS のインストールに苦労した分、Ubuntu は楽にインストールできた。


Ubuntu のディスクイメージは公式サイトからダウンロード。



今回ダウンロードしたのは以下のファイル。



インストールの仕方は CentOS の時と殆ど同じなので省略。



インストールに成功すると以下のようなデスクトップが表示される。



参考記事:

関連記事’


VMware Tools (9.2.2) をダウンロードする。

後で述べるゲストOSをインストールする時に嵌ったのが、VMware Tools のダウンロードとインストール。


VMware Player を起動して、メニューの「Player」→「管理」→「VMware Tools のインストール」をクリックした時、以下のように

「アップデートサーバにコンポーネントが見つかりませんでした。VMwareサポートまたはシステム管理者に問い合わせてください。」

というエラーメッセージが表示されるなら、おそらく手動で VMware Tools をダウンロードしなければならない。


手動でのダウンロードからインストール手前までの手順は以下の通り。

  1. VMware のサイトから VMware Tools の書庫ファイルをダウンロードする。
  2. 書庫ファイル(*.tar)を 7-zip などを使って展開し、実行ファイル(*.exe)を抽出する。
  3. コマンドプロンプトを開き、実行ファイルに /e オプションと出力先フォルダ名を付けて実行し、インストーラーパッケージファイル(*.msi)を抽出する。
    • コマンド実行例 … tools-linux-9.2.2.exe /e Temp
  4. 7-zip などを使ってインストーラーパッケージファイルの中からディスクイメージファイル(*.iso)を抽出する。
    • 抽出したファイル … linux.iso



抽出したディスクイメージファイルは、VMware にゲストOSをインストールする時に使用する。


参考資料:


Windows Vista 上の VMware Player に CentOS (6.3) をインストールする。

CentOS のインストールも手こずった。


まず、VMware Player に読み込ませる CentOS のディスクイメージをダウンロードする必要がある。


ディスクイメージファイルは、以下のページに記されているミラーサイトからダウンロードできる。



私は以下のサイトからダウンロードしたけど、、

私のマシン環境でインストールが成功したのは bin-DVD 版の一種類だけだった。



ちなみに、bin-DVD と LiveDVD の違いが分からない人は、以下の記事を読めば、違いが何となく分かると思う。

LiveCDはCDから直接起動できるCentOSで、HDDを使わず使用する事が出来ます。
ただしHDDを使わないため、データの保存やシステム設定の変更はできません。



話を戻して、ディスクイメージファイルを VMware Player に読み込ませて、CentOS をインストールするには、
VMware Player を起動して「新規仮想マシンの作成」をクリックし、【新しい仮想マシン ウィザード】を表示させて行う。


以下、主に変更した項目だけ列挙する。(番号はウィザードの順番。)

  1. 【新規仮想マシン作成ウィザードへようこそ】
    • [インストーラ ディスク イメージ ファイル (iso)] ⇒ CentOS のディスクイメージファイルのパス。
  2. 【簡易インストール情報】
    • [フルネーム] ⇒ 任意の文字列
    • [ユーザー名] ⇒ 任意の文字列
    • [パスワード] ⇒ 任意の文字列。*2
  3. 仮想マシンの名前】
  4. 【ディスク容量の指定】
    • [ディスク最大サイズ] ⇒ 20.0GB
    • [仮想ディスク] ⇒ 「複数のファイルに分割」
  5. 仮想マシンを作成する準備完了】→「ハードウェアをカスタマイズ」→【ハードウェア】
    • [メモリ] ⇒ 512MB
    • [プロセッサ] ⇒ 2
    • [新規 CD/DVD(IDE) 1] ⇒ 「ISO イメージファイルを使用する」
    • [新規 CD/DVD(IDE) 2] ⇒ 「ISO イメージファイルを使用する」



【ハードウェア】ダイアログには、通常、「新規 CD/DVD(IDE)」は一つしか表示されないので、その場合は「追加」すれば良い。


最後に「完了」ボタンを押せばインストールが始まり、VMware Tools のディスクイメージも勝手に読み込んでくれてインストールが完了する。


なお、似たようなブログは他にいくつも見つかるけど、私の環境では同じようにやっても何故か上手く行かなかった。



おそらくマシン環境の違いだったり、ソフトのバージョンの違いだったりが原因だろうけど、深く追求していない。


*1:"/etc/rc5.d/S99local: line25: eject: command not found"というエラーメッセージが表示された。

*2:このパスワードは root アカウントにも使用される。

*3:VMware Tools のディスクイメージのファイルパス。

*4:CentOS のディスクイメージのファイルパス。